2013年7月 8日 (月)

夏目漱石

スマホに変えたら、電子書籍が読みやすくなった。
で、「青空文庫」で夏目漱石を読んだ。

「吾輩は猫である」(1905年)、ざっと100年前の作品。
小学生の頃からあちこちで目にして来た。
うちに本もあった。読んだよって顔してきた。

でも、読んでなかったらしい。
ラストシーンは、びっくりした。
多感な少年のガラスのハートには刺激が強過ぎやしないか?

「名作」と言われるものを無闇矢鱈に読め読めと勧めてはいけない。

ただ、読後に頭の中を様々なモノ、生死とか人生とか使命とか
偶然と必然とか、がぐるんぐるん回った。
このぐるぐる感は「名作」でないと味わえないのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

外科医 須磨久善

「外科医 須磨久善」
海堂尊
講談社

元気が切れかかってる時におすすめ。

著者は「チームバチスタの栄光」で有名な医師兼作家。
初めはバチスタシリーズから読み始めたが、ノンフィクションも
面白い。バチスタシリーズで楽しく覚えた医学用語が
現実の今の自分の住む世界でも、あちらこちらで使われ、
必要とされ、沢山の人々が日々関わっていると「実感」出来た。

この作品もノンフィクション。日本で初めてバチスタ手術をした
外科医の歩んで来た道のり。多分大変だっただろうとは思ったけど
読後感はちょっと違った。

「人が自分をどう思っているのとか、ひそひそ話の中身みたいな小さな問題よりもはるかに、自分が自分の行為をどう思うかの方が大切です。たどりついたゴールが、本当に最初に目指していたゴールかどうか。そうした問いに対する回答がイエスなら、あとは、まあそこそこ、どうでもいいのではないでしょうか」(講談社文庫174ページ)

今の私にはとても響いた。
ボチボチ人生の折り返し地点に来て、子どもたちに残せるもの、伝えておくべき事を考えている。
子どもも思春期の嵐の中、立ち止まり後戻りし、ちょっと進んでは戻って休み、また、嵐に向かって行く。親も子も迷いの中でさまよっている。

でも多分これでいい。人と違った道でも、これで行けると感じている。
ゴールはまだまだ見えて来ないけど、自分を自分で認められる。頑張ってるなって。

抽象的な言葉でごめんなさい。まだ具体的に語るには生々しくて出来ない。
いつか、語りたい。同じように嵐にあっている子供たちと大人たちに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

スノーボール・アース

「スノーボール・アース 生命大進化をもたらした全地球凍結」

ガブリエル・ウォーカー 著
川上紳一 監修
渡会圭子 訳
早川書房

地球全体が氷の玉だったらしい。
氷河期とは違う、赤道まで凍る
まさに「アイスボール」。

その仮説の証拠を探す科学者と
反証を探す科学者。

個性の際立った科学者が人間の「今」を生きながら
太古の世界から遺されたメッセージを見つけ、読み解く。

小説のようにドキドキしながら読めた。

元々は、
「137億年の物語」宇宙が始まってから今日までの全歴史
クリストファー・ロイド 著
野中香方子 訳
文藝春秋

を読んでいたら章末の注に出てきた本。
図書館の新刊の棚にたまたま見つけた。
偶然の出会いって、本にもある、と知った。

で、元々読んでいた137億年。10億年前まで来たが、まだ30ページ。
後440ページある。いつここに書けるかなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

悪魔の見習い修道士 修道士カドフェル⑧

しょっぱなから「悪魔」ってどうよ、と思うが、今読んでるんだからしょうがない。


悪魔の見習い修道士 修道士カドフェル⑧
エリス・ピーターズ
大出 健 訳
光文社

日本の歴史も覚えてないのに、イギリスの歴史小説なんて・・・。
と思ったら、歴史なんて分らなくても、とても面白い。

面白くて、「また読みたいなぁ」と思い、シリーズを3巡目。

主人公カドフェルの聖職者らしからぬ言動と、
カドフェルが巻き込まれる事件の物珍しい風情と、
カドフェルを取り巻く人々の多様性。

900年近く前のイギリスの物語なので、服装や暮らしぶりが興味深い。
900年近く前のイギリスの物語なのに、人間の考えることは変わらない。

読んでいるといつのまにか「西洋」とか「教会」とか「中世」とかのイメージに少し色がついていた。
博物館の展示ケースのガラスの向こうにあったものが、うちのリビングの飾り棚に来た感じ。
身近に感じられる、ってことかな。

そして「日々の義務を淡々とこなす」ことは、とても大切で、とても難しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

久しぶり

大学時代の友人に会った。

年相応に貫禄も付いて、でも中身は変わってなくて
懐かしかった。

人と人とのつながりが大事だよね

と話しながら、ほったらかしのこのブログのことを思い出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

まずは、やってみよう!

とにかく始めてみなくちゃ、何がどうなるか、わかんないもんね 

P8280033   40さいになりました (*´v゚*)ゞ

  1.   
  2.   福山でお祝いしてもらっちゃいました。

  久しぶりのコースのお料理、とってもおいしかったです

| | コメント (0) | トラックバック (0)