« 悪魔の見習い修道士 修道士カドフェル⑧ | トップページ | 外科医 須磨久善 »

2013年5月12日 (日)

スノーボール・アース

「スノーボール・アース 生命大進化をもたらした全地球凍結」

ガブリエル・ウォーカー 著
川上紳一 監修
渡会圭子 訳
早川書房

地球全体が氷の玉だったらしい。
氷河期とは違う、赤道まで凍る
まさに「アイスボール」。

その仮説の証拠を探す科学者と
反証を探す科学者。

個性の際立った科学者が人間の「今」を生きながら
太古の世界から遺されたメッセージを見つけ、読み解く。

小説のようにドキドキしながら読めた。

元々は、
「137億年の物語」宇宙が始まってから今日までの全歴史
クリストファー・ロイド 著
野中香方子 訳
文藝春秋

を読んでいたら章末の注に出てきた本。
図書館の新刊の棚にたまたま見つけた。
偶然の出会いって、本にもある、と知った。

で、元々読んでいた137億年。10億年前まで来たが、まだ30ページ。
後440ページある。いつここに書けるかなぁ。


|

« 悪魔の見習い修道士 修道士カドフェル⑧ | トップページ | 外科医 須磨久善 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スノーボール・アース:

« 悪魔の見習い修道士 修道士カドフェル⑧ | トップページ | 外科医 須磨久善 »